マイナンバー制度の〝超〟基礎知識 ④

個人情報の安心・安全を確保

●懸念される事項

マイナンバーの導入に際して、以下のようなリスクが懸念されている。

 1.個人情報の漏えい

  ・個人情報の追跡・名寄せ・突合によって個人情報が集積・集約されることによって、漏洩の発

   生可能性が拡大し、プライバシー権等が侵害されるリスク。

 2.なりすまし

  ・他人の個人番号を不正利用されることによって、財産権等が侵害されるリスク。

 3.行政による一元管理

  ・一元的に、国家が国民一人一人の個人情報を管理することによって、さまざまな基本的人権が

   侵害されるリスク。

 

●制度面による保護措置

 1.番号法の規定によるものを除き、特定個人情報の収集・保管、特定個人情報ファイルの作成を禁

  止。

 2.特定個人情報保護委員会による監視・監督。

 3.特定個人情報保護評価。

 4.罰則の強化。

 5.マイ・ポータルによる情報提供など記録の確認

 

●システム面による保護措置

 1.個人情報の分散管理。

 2.個人番号を直接に用いず、符号を用いた情報連携を実施。

 3.アクセス制御により、アクセスできる人の制限・管理を実施。

 4.通信の暗号化を実施。

参考サイト:

http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/gaiyou.html


講演のご依頼やご相談も、気軽にどうぞ!

▶Click!

中小企業庁委託事業ミラサポで専門家として活動しています。

 

 


What's New!

情報セキュリティ対策に

不安を感じられたら

ICT法務サポート事務所へ

ご相談・お任せください。

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ブランド買取紹介サイト ***word-2*** ***word-3*** ***word-4*** ***word-5*** ***word-6*** ***word-7*** ***word-8*** ***word-9***