マイナンバー制度のスケジュール(概要)

●2015年10月5日から個人番号(マイナンバー)の付番が行なわれ、「個人番号カード申請書」が世帯単位で簡易書留郵便によって郵送されてきます。

この「個人番号カード申請書」の上部がを切り離すと「通知カード」となっており、下部が「個人番号カード」の申請書となっています。

「個人番号カード」を希望される方は、必要事項を記入し、顔写真を貼付して、同封の封筒で返信して申し込むことになります。

●2016年01月以降は、個人番号(マイナンバー)利用が始まります。

また、市町村役場では「個人番号カード」の交付が行なわれるようになります。

 2017年01月には、行政機関における「情報連携ネットワークシステム」による個人番号(マイナンバー)と各機関が保有している情報との紐づけが始まります。

同時に、「マイナポータル」(行政機関がマイナンバー(個人番号)の付いた自分の情報をいつ、どことやりとりしたのか確認できるほか、行政機関が保有する自分に関する情報や行政機関から自分に対しての必要なお知らせ情報等を自宅のパソコン等から確認できるインターネットサービス)の利用も予定されております。

 ●2017年07月からは、地方公共団体でも、「情報連携ネットワークシステム」による個人番号(マイナンバー)と各機関が保有している情報との紐づけが始まります。



講演のご依頼やご相談も、気軽にどうぞ!

▶Click!

中小企業庁委託事業ミラサポで専門家として活動しています。

 

 


What's New!

情報セキュリティ対策に

不安を感じられたら

ICT法務サポート事務所へ

ご相談・お任せください。

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ブランド買取紹介サイト ***word-2*** ***word-3*** ***word-4*** ***word-5*** ***word-6*** ***word-7*** ***word-8*** ***word-9***